ジャズを歌おう。初心者レッスンオフィスOTA

アクセスカウンタ

zoom RSS 選曲について(2)

<<   作成日時 : 2015/05/11 15:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 今月、先月とレッスンしている方からは風邪だとか体調不良でお休みだとかという方が続出しています。季節の変わり目を実感しますが、自分の体調管理には気をつけて欲しいですね。人のことは言えませんが(笑)。

 さて、以前に書いた選曲についての続きです。
 前回書いたのは簡単にいいますと、

歌内容から見た対象年令と、自分の年令を一致させる
歌の性別を一致させる


ということでしたが、自分に合う歌を選ぶためには、他にもいくつかポイントがあります。


 音域とか曲の種類について悩む方もたくさんいると思うのですが、レッスンの中でやっているボイストレーニングを受けると、
今まで歌っていた音域がかなり広がりますので、まずは音域で曲を制限する必要はないと思います。
 さらにジャズは曲を自分に合った形にアレンジすることが大事です。キーを変えたりリズムを
変えたりすれば当面は技術的問題で選曲を悩むことはないでしょう。

 ここのエッセイはレッスンを受けている人だけでなく、歌を歌いたい方や、歌っている方など、
たくさんの方が読まれているようですので、少しヒントを書きますと、選曲で大事なことは、
『歌う自分の実年令に合うものを選ぶこと。』これが聞く側に取っては一番違和感がないように思います。
 つまり、好きな歌手の人がいれば、その人が自分の同年代時に歌っていたアルバムを聴いて
研究するのがいいと思います。

 プロの方でもよくあることですが、20代前半の方が妙に大人びて歌を歌うのが違和感があって、
あまり気持ちよく聞こえないことがあります。
 そんな時、その人のネタ元を尋ねると有名な歌手の最盛期、つまり40代から50代の時に
録音されたアルバムの歌唱をお手本にしていることが多いのです。
 ジャズは大人の音楽と言われますが、5、60年前はアイドル・ミュージックでもあったのです。
「ジャズは大人な音楽」などという先入観を持たず、年令に合った歌い方をすれば、
きっと歌うあなた自身の魅力が出てきますよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
選曲について(2)  ジャズを歌おう。初心者レッスンオフィスOTA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる